九州企業 VA GD 写真撮影不可SNS投稿不可 チャットでの質疑応答×

フロム・ソフトウェアのゲームグラフィックス制作の拘り
– より印象的な絵を目指して –

フロムソフトウェア/末武 睦大、井手 匠、立石 美央

受講スキル

ゲームグラフィックスに興味がある方

受講者が得られるであろう知見

・3Dアクションゲームの制作を経て蓄積してきた手法
・作品を制作する際に大事にしたい考え方

難易度

甘口

【講演内容】

印象に残るような世界観を目指して、これまで弊社で培ってきたこだわりや技法、また普段の制作で重視していることや取り組みなど、背景、キャラクター、それぞれの観点からご紹介いたします。

末武 睦大(すえたけ のぶひろ)

株式会社フロム・ソフトウェア
福岡スタジオ

シニア 3Dグラフィックアーティスト

2011年からゲーム制作会社で開発経験を積み、2016年にフロム・ソフトウェアに入社。
「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」の開発に参加し、キャラクターモデルや数多くのアセット制作を担当。
現在は経験や技術を生かし、作業効率向上の為の技術研究にも取り組んでいる。

井手 匠(いで たくみ)

株式会社フロム・ソフトウェア
福岡スタジオ

3Dグラフィックアーティスト

2017年にフロム・ソフトウェアに入社。
背景スタッフとしてプロジェクトに携わり、アセット制作、レイアウト、ライティング、レベルデザインからパフォーマンスチューニングまであらゆる背景業務を担当。
【CEDEC+KYUSHU 2019】にて登壇。

立石 美央(たていし みお)

株式会社フロム・ソフトウェア
福岡スタジオ

3Dグラフィックアーティスト

異業種に勤務していたが、ゲーム業界に魅力を感じ2020年フロム・ソフトウェア入社。
背景制作の品質維持と低コスト化を検証しつつ、クオリティアップやレベルデザインで奮闘中。

一覧へ戻る

トップへ戻る